工事完了後の保障・仕上がりに付いて

クロス床材又は他の仕上げの剥がれ(ジョイントめくれ)の場合は完了後30日以内であれば無料対応致します。それ以降はお部屋の使用環境と以下の様な場合もありますので保障は致しかねます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスやクッションフロア材は時間の経過と共に自然と部分的な剥がれが起こる場合がございます。キレイに直すには早く対処することです。時間が経ったり劣化して硬くなった場合は補修が難しくなります。剥がれが大きくなる前に、ご自身で水性木工用ボンドなどで壁紙裏面に塗りドライヤーで温めながら十分圧着する方法も良いかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通常価格に含まれる下地処理と言われるのはパテ処理のみですのでモルタル下地や既存下地材の状態、既存材が剥がれにくい場合は工具にて削り落とす作業の為下地が粗くなりパテだけでは平らにならない。クロス床材が薄くツルツルな材料により光の当たり具合で凹凸が目立つ場合又(柱と柱の通りが真っ直ぐで無い場合横から見ると下地のボード材が波打っている感じがある建物もあります、こちらは建物の問題なので直せません)様々な状況が有るために施工不良とは言いかねないとなりますので手直し対応は致しておりません。あくまでパテ処理の対応です。
*パテは厚く盛れません、盛りすぎますと少しの揺れでも下地材から剥がれてクロス材の場合はクロス材を突き破りボロボロになります。パテは出来るだけ薄く掛けるのが鉄則です。予めご了承下さい。
*現調時に確認して施工前に説明しますがどうしても気になる方は新たにクロスの場合は合板等重ねて張る工事が増える事となりますので木工事代金が通常施工代に追加となりご予算が増える事になります。
あくまでも、お安く対応させて頂きますので、仕上げに関しては基本現状の状態ままで可能な下地処理の対応と致します。

【クロス剥がした後の下地パテ処理】

powered by crayon(クレヨン)